中古パソコンはメーカーやブランドを合わせると大きなメリットがある

中古パソコンを購入する際には、どういう基準で選ぶかということも大事なポイントですね。さまざまなポイントでパソコン選びをすることはできますが、特に中古パソコンを利用する際には、ここを押さえておいたほうがいいという点を紹介しましょう。

■今持っているPCのメーカーと合わせる
メーカーやブランドなどで選ぶ際には、今自分が持っているパソコンの物と同じものを使う、という手もあります。やはり、同じメーカーやブランドの物など使い勝手も似ていますし、性質も似ているので、使い心地が変わらないという点では非常に優れています。

しかも、あまり性能のよくないPCでも今自分が持っているPCのメモリなどを取り外してつけたし増設をしたり、ACアダプターを使いまわしたりすることができるなど、パーツや周辺機器との互換性でもメリットがあります。

■外観状態にもチェック
基本的に、パソコンのデザインなんてものは実用性を考えれば割とどうでもいいことなのですが、ノートパソコンの場合は外観状態はある程度見ておいたほうがいいかもしれません。ノートパソコンは、実際に自分が目にする機会も多いし持ち運びをするときに外観がキズだらけだと引っかかりができてしまったりして、劣化が激しくなってしまうこともありますからね。

■まとめ
中古パソコンを選ぶ際には、特にメーカーなどは今使っている物が気に入らないというわけでなければ、同じメーカーの物を使ったほうが使用感や、周辺機器の使いまわしに融通が利きやすくなります。特に、中古パソコンであえて中身を重視せずに安い物を購入してからパーツを付け替える、という風にしてスペックを上げる方法もありますのでお勧めですね。